« 【もおすけ日記】四国の山と冬山準備。 | トップページ | 【もおすけ日記】山道具のお買い物・9 »

2010年12月14日 (火)

【もおすけ日記】皆様に質問・冬山装備

で、あいも変わらず悩んでいます。もおすけです、皆様こんにちにゃ。

-----

悩みは二つ。

.

1・ダウンジャケットをどのレベル(暖かさ)にするか。

秋山までの登山目的なら、ノースさんのアコンカグアレベルのダウンで十分だろう。

でも冬山、特にスノーキャンプ(テン泊)となれば、話が変わってくるような気がする。

10月下旬の標高1500mの上高地でも、夜は外にいると寒かった。

これが穂高岳山荘となれば、もっと寒いだろう(あの時は、雨で夜は一歩も出ず。)

上高地で晩御飯を作っている時、寒がっていたらOさんがダウンジャケットを貸してくれた。

これが暖かいのなんのって。

シュラフにくるまっている様な暖かさ(つまり私はそのまま寝てしまえる位、ぬくぬくだった。)

も:『こんなぬくぬくのダウンが欲しい!』

と、ウニクロさんのダウンしか持っていなかった私は、あれからずっと思っている。

.

山登りで携帯するなら、260g程度のアコンカグアが最適かもしれない。

マ:『テントに入ったら、まずヌプシを出してもらう。』

というマイちゃんは、冬のテント泊では必ず一番にヌプシジャケットを着るそうだ。

こっちは670gくらい。

ザックの場所もとるだろうなぁ。

人並みに寒がりだと思っている私だけど、他の女子を見ているとそうでもないみたい。

でも、雪山は風が吹けば極寒。

アコンカグアにするか、ヌプシにするか。

ちなみにヌプシはウィメンズはない。メンズのみの展開だ。

はやくレディースものも一杯開発して欲しいものだ。

それにしても。

あぁ、悩む。

-----

そしてもう一つは、冬山の携帯品。

食料は、食事分と非常用にプラス二日分の食料が必要とか。

これに冬山装備のピッケル、アイゼン、ワカン、ストック。

わかんに、防寒着。

書いてるだけで、もの凄い量だと想像がつく。

あぁ、ダウンが大きいと入らないかも・・・。

.

じゃなくって。

で、テント泊ならテントがあるけど、テントを装備しない日帰りの場合。

やっぱりツェルトは、必要ですか?

私が勝手にお山の師匠と仰いでいる一人・サトちゃんは

サ:『どこの山にももって行くのが当然でしょう。六甲山でも。』

とな。ほほぅ。

.

ちなみにこれまでの私は。

低山と夏山の高山では、凍死する事はないと思うけど夏とはいえ、高山の気温はナメちゃいけない。

だから保温性の高いシートを必ず携帯していた(支配人も知っていたNASAで開発されたやつ)。

で、冬山。

ツェルトと保温シート。

どっちがより暖かい?

こうして書いていて、雪のある冬山ではツェルトが必携だと思いました。

(その前に、また別の買いものをしてしまった…)

皆さんは、ツェルトはどんな山に持って行ってますか?

そして、また日帰りの冬山で『これは必ず持って行っている。』ものは何ですか?

(よくある装備品以外で)

ゼロからの冬山登山。

何もかもが、手探りのもおすけなのでした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←応援ポチコもよろしくね。 夜にもう一回更新しますョ。 
にほんブログ村

« 【もおすけ日記】四国の山と冬山準備。 | トップページ | 【もおすけ日記】山道具のお買い物・9 »

日記」カテゴリの記事

コメント

■Hさんへ

今のテントでも冬もいけるようです。
山道具は高いから、買う前に色々悩みますね。
それにしても、雪洞でビバークとか、ツェルトで宿泊とか。
本当にすごいですね。
またお会いした時に、もっと聞かせていただきたいです。

三拾数年前の現役の頃はツエルトとゴム製のエアーマットで樹林帯とか、岩陰の雪洞が容易に
掘り易い箇所で泊まりました。(単独行の時)
シュラフはフェザーの出始めで、シュラフカバー無しでは,シュラフが湿気で湿り、日増しに寝心地が
悪くなりました。
朝起きると顔の周りは霜が付くことは、当り前です、常に風が当たる箇所では、設営と居住性が悪く

風の影響の少ない場所を選ぶ事が基本条件です。
既に利用している一人用のテントが冬山でも、適用できれば、購入の必要性は無いと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

« 【もおすけ日記】四国の山と冬山準備。 | トップページ | 【もおすけ日記】山道具のお買い物・9 »

フォト
無料ブログはココログ