« 大丈夫です。 | トップページ | 【もおすけ日記】走る女&西穂独標5 »

2011年3月13日 (日)

【もおすけ日記】余震と“いつもの”私。

長野の空は今日も快晴。もおすけです、皆様こんにちにゃ。

.

先日の地震以来、つい色々考えてしまいます。

阪神大震災を神戸で経験したことのある私は、ここ志賀での大きな揺れの時、

とっさに神戸での地震のことを思いだしました。

幸い、身内や親しい人に不幸はなかったものの、家財道具はひっくり返り、

食器は床で割れ放題。

それでも、命があれば『またやり直せる。』と思えました。

でも、ここで大きな揺れを感じた一昨日の朝方から

うまく言えないのですが、言いようのない悲しい気持ちになりました。

もっと辛い思いを沢山している人がいた神戸での地震でしたので、悲しいとか辛いとか

そういう体験は少なかったのですが、それなりにしんどい思いはありました。

一昨日の地震で、そう言いったしんどい思いがぶり返し、重なったような気もします。

-----

.

あの不気味な、ドドドッと言う音の次に来る余震。

ここにいるスタッフの中で、私が一番怖がっているようでしたが

やっぱりそれは、あの揺れを経験した者でないとわからない

『また、あの位揺れたらどうしよう。』と言う恐怖から来る以外の

何者でもない様な気がします。

.

そんな感じでしたので、実は昨日は元気がありませんでした。

.

でも。

ここのお客様でもある、紗央ちゃんとリナちゃん。

彼女達はスキーをしに来たのですが、この地震でゲレンデも休止。

することのない彼女達が『あそぼ~~~♪』って、私の部屋にやってきたのです。

夜中の余震で、あまり寝ていない私はお昼寝中でしたが、

せっかく遠くから来た彼女達ですので、重い腰を上げて外に出ることに。

.

紗央ちゃんが楽しみにしていた雪洞は、連日の晴天ですっかり天井が下がって

入れない状態。

ロッジの前でそりをするにも、これまた天気がよくて、雪が解けてすべりが悪い。

結局二人を連れて、ツボ足(ワカンやスノーシューなど、何も着けずに歩くこと)で

いつものりんどう平に行くことにしました。

-----

スキー板をつけてゲレンデに立たせれば、それはもう華麗な滑りを見せてくれる

彼女達ですが、圧雪も何もされていない雪の上を自分の足だけで歩く。

慣れていない彼女達には、それがとても大変な事のようでした。

-----

.

いつものりんどう平に着いて、3人で寝そべって。

見渡す限りの真っ青な空には、雲一つない。

『昨日、ここでも東北でも大きな地震があったなんて、嘘のようだ。』

そう思いながら。

.

私は彼女達に感謝しました。

現実に自分の身に降りかかっている人には、毎日が必死の事と思いますが、

長く震災の情報だけを見ていると、ただただ滅入ってしまう時もあります。

.

遠くにいる私にとって、できることも限られている。

ならば、せっかく無事だった自分のこの時間は元気に過ごして

元気な様子をお届けしてもいいんじゃないかな。

そんな風にも思いました。

-----

被災された方はもちろん、まだまだ身内や友人の安否が確認できていない方々など、

大変な思いをされていると思います。

そして長野県北部を震源とする地震が今尚続き、揺れる度に不安な思いになるのも

事実ですが、できるだけ元気に過ごしていここうと思います。

そんなわけで、ブログは暇を見て更新して行こうと思います。

.

皆様のお住まいの場所の如何に関わらず、備えだけはきちんとして下さいね。

もおすけは、以前書いた非常トートバッグの他に、外靴を部屋の入り口に置き、

扉は少し開けて寝るようにしています。

.

では、また元気に明日~♪

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←応援ポチコ、いつものようによろしくね。
にほんブログ村

« 大丈夫です。 | トップページ | 【もおすけ日記】走る女&西穂独標5 »

日記」カテゴリの記事

コメント

■なみぽんさんへ

職場も被害に遭われたのですね。
病院でしたら、患者さん始めお薬などもあるから、大変なことだったろうと思います。

山に登る。

私の中でも、確実に元気になれる、今一番のしたいことです。

私は病院が職場なんですが、地震の時は本当にメチャメチャで。
やっと以前の感じにもどりつつあります。
被災した方々は大変な状況ですが、何らかに希望を見出だして
無理せずに生活して欲しいです。
今回の事で人は一人では生きられない、支えがあっての自分だと
大きな被害がない私も実感しました。
山は
私の中で希望の一つです。

■Linさんへ

岩手のTさん、ご無事で何よりでしたね。
Tさんのお知り合い・ご親戚の方々はじめ、皆さんの無事を祈るばかりです。
私も危機管理なんて、まだまだです。
何よりどんな時も冷静になれる自分でいないと、とつくづく思います。

■紗央ちゃんへ

こちらこそ、誘ってくれてありがとうね。
お蔭で楽しく遊ぶことができたよ。
ほんと、時間を大切に充実した日々を送らなくちゃ、と思います。
これが結構難しいんだけど、ね。

■ヨネチへ

嗚呼、やっぱり心細くなったり足がすくんでしまうのは私だけじゃないのね。
ホッとしました。
しっかりしなきゃ、と頭では思うのに体が恐怖で動けなくて。
もっと強くなりたいね。
今はただ、これ以上の地震が起きないように祈るばかりです。

■さぶちゃんへ

そう、いざと言う時、元気でないといけないよね。
やっとそう思えるようになりました。
元気でいられることへの感謝、それを改めて思うこの頃です。

無事東京に帰ってきました、あたしもなかなか寝られなかったのですが、昨日はお兄ちゃん、お母さん、犬でみんなで川の字(川じゃないけど)になって寝てとても寝ることができました。あたしは今回の地震が一番大きな地震で正直ほんとに死んじゃったらどうしようって思って、もし首都の地震、東海地震があったらもっともっと揺れるんだって思っちゃって・・・そしたら無駄なこと考えるのやめて生きてる喜びに浸ろう!!って思って姉さんを誘いました、とても楽しかったです。
また今度は一週間後位に行きます。また遊んでくださいね


 もうすけ さん
 安否が分からず、三夜目を迎えた今晩、岩手のTさんから、
 「ご心配をお掛け致しました」のTel・・・・此の言葉のうれしかった事
 安否の分からない方が、一万人以上居られる被災地の方々、多くの
 方々がこんな気持に、成る事を、ただ々、祈るばかりです。

 彼の親戚、友人、知人に安否の判明できない方が、未だ12名居るとか
 本人にとっては、大変な事です。
 涸沢小屋には何時行けるか分からないとの事、何時もGーW、前に入山し
 小屋開きをしていたのに・・・・・・・・、
 
  日頃、有事の際の危機管理が全く出来ていない、我が身、もうすけさんを
  お手本にしたいと思います。
  


 


ですよねテレビを見てると悲しくなり気持ちが折れそうになります。でも健康でいられる以上、自分の健康(心身共に)は保たないとですよね(∪o∪)。。。
じゃないと日本全国が落ち込んじゃいますもんね
いざと言うとき元気じゃないと(☆_☆)
どんな形で被災者の皆さんの力になれる時がくるかもしれないですもんね

ホットカーペットのスイッチは切りました。

まだまだ余震も続いているみたいで、テレビを見ていても、地震速報が流れます。
見るたびに大きな地震が来ているのではないかととてもビクビクしてしまいます…。
こちらからは何も出来ず、原発もこれ以上被害が出ない事を願うばかりです。
電力不足と聞いたので、出来る限り節電をして、少しでも多く東北の方達に電気を送れたらと思います。
姉さんが言うように、阪神大震災を思い出して、その時は余震が起こると脚がすくんで動けなくなります。
心細くもなりました。
今回は地震だけで無く、津波の被害がものすごいので、阪神大震災の時よりもものすごい被害になってます。1人でもおおくの方の無事を祈っています。
神様、これ以上被害者を出さないで下さい!

この記事へのコメントは終了しました。

« 大丈夫です。 | トップページ | 【もおすけ日記】走る女&西穂独標5 »

フォト
無料ブログはココログ