« 【もおすけ日記】今日の松本は雪景色! | トップページ | 【もおすけ日記】12月雪のテン泊天狗岳・1 »

2011年12月10日 (土)

【もおすけ日記】自家製のアレ作りに挑戦!

朝、窓からの景色を見て母に電話。

.

も:『あ、お母さん?もおすけ。あのね、もぐもぐ今日すごいんだよ。』

母:『何?雪でも降ったの?』

も:『そう!すごいんだよ、一面の雪景色だよもぐもぐ。』

母:『へぇ。すごいなぁ。今日はこっちも寒いからね。運転気をつけなさいよ。』

も:『うん。あ、ご飯食べながらでごめんねもぐもぐ。』

.

12月で、雪景色が見られるなんて、さすがは雪国だーー。
うれしいぞーー、かなり嬉しいぞーーーー。

雪が降ったり、霜柱が立ったり、水が凍ったり。
寒いのは大嫌いなんですが、そんな冬らしい光景は大好きです。

初めての雪国で迎える生活。
わくわくのもおすけ。

こんな事にもチャレンジしてみました。

-----

2011年 12月4日

職場のチエさんお薦めのレシピを教えていただいたので、この日は朝から買出しに。
目指すはファーマーズガーデン。
この日、スタッドレスタイヤと共に買ってきたのは、信州らしいコレ↓

111207_4                             ダンボールからあふれ出る青菜。

.

そう、信州名産『野沢菜』です!
野沢菜漬けって、買うものだとばかり思っていましたが『絶対、失敗がないから。』と言うレシピを教わり
ここは一つ信州人らしく自家製の野沢菜漬けを作ろうじゃないか、というワケです。

横から見ると、この葉の凄さがわかるかな?

111207_5                               さながらプチジャングル。

ついでに、こんなものも買ってしまいました。

111207_6                    信州と言えばりんごよね。一人暮らしなのに何故か15個。

どうも私は、買い物となると気が大きくなる傾向がある(これも母譲り)。

まあいい(もう買っちゃったし)。

-----

まずは、野沢菜を洗います。
こちらは、なんと10kg
ケイちゃんや、チエさんの倍の量です。

帰宅途中、『ちょっと調子に乗りすぎた?』と後部座席でワッサワッサ言ってる野沢菜を聞きながら
若干 反省の余地があるのか、いやいや漬けたらカサが減るからこれで正解か?などと少々不安になりながら帰ってきました。

で、流しに置いてみて笑いました。

皆さん。

野沢菜って小松菜のちょっと大きいの、位に思っていませんか?
いえいえ、こんなに大きいんです。

 111207_8                 私が漬物の王者よとばかりに流し台から溢れ出る野沢菜。でかーーー。

そう。
そして紐を解いたら、10kg分の野沢菜は半端じゃない量だった。
これを一枚一枚、丁寧に泥を落としながら洗っていく。

ああ大変。

そして軸を落とし、野沢菜の準備は完成。

111207_9                  もっさりと。水切りに収まり切らない菜っ葉(足元には、この10倍)。

.

お次は、漬け液作りに取り掛かりましょう。

まず、からし粉100gをお水で溶く。

そして気付く。
こんな量、溶いたことない。
ましてや私、カラシ苦手なのにさ。

次にお酢を入れる。

111207_10                       この時点で既に鼻がツンツンして涙。

そして砂糖を投入。

111207_11                ビジュアル的に上と変わり映えしませんが、これはキビ砂糖です。

そして、お醤油。なんと一升瓶丸ごと一本!

111207_12                    ドドドドドー。人生で一度にこんなにお醤油入れたことない。

そしてこれは、もおすけアレンジですが。

刻み昆布も少し。
これで美味しくなってるといいなーーー。

で、これらをゴムベラで混ぜ混ぜして、袋に入れた野沢菜の上からザーッとかけます。

.

いやもう、自分でも豪快だと思います。
10キロも漬ければ、軽く漬物屋さん気分が味わえます。

空気を抜いて、固く封をしてダンボールに入れて。
普通のお家ならプラスチックの漬物樽に入れるのですが、
『来年も漬けるかわかんないし、保管場所に困るし。』ってことでダンボール。
経済的です。

111207_13                       ワッサワッサ洗ってドバドバ入れた割には綺麗な仕上がり。

.

これで10日もすれば、浅漬けの完成です。
野沢菜は徐々に漬かっていき、3月頃までもつそうです。
そして浸かり過ぎて、ちょっと酸っぱくなったり辛くなったものは
おやきの具にしたり、チャーハンの具にしてもよいとか。

う~ん、夢が広がるなぁ。

漬け終わってから、嬉々として母に報告。

.

も:『うまく出来たら送るからねー。楽しみにしててねー。』

と言ったら、あっさりと一言、

母:『あんた、最初からそんなに作って失敗したらどうするの。』

.

・・・・・。

うーん、失敗するなんて考えてもみなかった。

そう言われて、まずかったらどうしよう、と一瞬考えてはみたものの、
最初に失敗するイメージなんて沸きもしなかったから
きっと美味しく浸かるのだろう(かなり強気)。

そしてうまくいったら姉と妹にも送る約束をしているので、きっとあっという間になくなるだろう。

も:『あともう5kg、漬けとこうかな。』

と一瞬頭をよぎったが、これはちょっと怖いのでまずはお試し(既にお試しの量じゃないけど)。

今から漬け上がりが楽しみなもおすけです。

-----

.

こちらも我が家の一番の大鍋で作りました。

111207_7                    大量のりんごジャム。これは職場の人におすそ分け。

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 何かにつけて作業が大掛かりだったもおすけに応援ポチコを。
にほんブログ村

« 【もおすけ日記】今日の松本は雪景色! | トップページ | 【もおすけ日記】12月雪のテン泊天狗岳・1 »

移住ライフ」カテゴリの記事

コメント

■もっくんへ

残念ながら、雪ダルマが作れるほどは積もりませんでした。
野沢菜は、自分でも完成が結構楽しみです。

新幹線。
結構楽しいですよね。
TDLに近いものを感じましたよ。あの空間は。

野沢菜でしたか。。

僕はてっきり、カマクラとか雪だるまとか(笑
そんなことを想像してました。雪景色だったし。

そうそう、そういえば例の回転寿司の "新幹線" 体験してきました。
遊び心があって面白いですよね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 【もおすけ日記】今日の松本は雪景色! | トップページ | 【もおすけ日記】12月雪のテン泊天狗岳・1 »

フォト
無料ブログはココログ