« 【もおすけ日記】厳冬期・ソロ八ヶ岳テン泊山行・1 | トップページ | 【もおすけ日記】厳冬期・ソロ八ヶ岳テン泊山行・3 »

2012年3月 1日 (木)

【もおすけ日記】厳冬期・ソロ八ヶ岳テン泊山行・裏ワザ編

読んだら実行・即実行!のオンナ、もおすけでございます。
皆様こんばんは。

何の話かと申しますと。

先日から繰り返し読みふけっている『岳人・二月号』。
私の大好きな天野和明さんの文章、とても為になります。
読みやすく、それでいて心と頭にしっかりと残る。
ならば即実践してみようじゃあないか、と言うことで今回の冬山山行。

実際に行ってみての、反省点&改良点です。

-----

■要検討事項

・全てのものが凍る。

コンタクト、ご飯が凍るなんて知っていましたよ。
でもね、全てが凍るんです。
コンタクトケースの中から、コンタクト水、化粧水にクリーム、日焼け止め。
外気に影響されにくい保冷バックの中のご飯に牛乳、野菜に卵まで。
一番びっくりしたのが、歯磨きしようと歯ブラシを口に入れたら、

.

ゴリゴリ。

.

え??ゴリゴリ?

と思ってみてみると、歯ブラシの毛先まで束になって凍っていました。

ヤツはほんのちょびっとの水分も見逃してはくれません。
さすがはヤツ。業務用冷凍庫です。

でも懐に入れて温めるものが、上記の他にもカメラに携帯、ガスのカートリッジに
メガネに水筒となれば、懐は大黒様か恵比寿様。
お腹周りはパンパンです。
(そして冷えて寒い。)

そこで改良点。

・ご飯は薄く小さく握ってジップロックに。

ちょうど小さなホットケーキのような大きさ・薄さ。
これならその都度お鍋に必要量入れればOKだし、凍ってもすぐに溶けます。

・野菜も予め火を通しておく。
 外気温が低いとガスの使用量が増えるし、凍ってしまうなら火を通しておいた方が美味しい。

・化粧クリームは持っていかない。馬油で代用。これなら指の温度で溶けやすい。

・牛乳はペットボトルじゃなくて、小さなサーモスに入れる。これなら凍らない。

.

あ。
サーモスは、中味は凍りませんでしたが、内蓋が凍って飲もうとしても開きませんでした。
恐るべしヤツ(ヶ岳)。

温度に関しては、いかんせん敵うものではないのでこの位で。

■他の改善点

・就寝用の薄い靴下を。
 登山用の分厚い靴下にテントシューズを履くと、きつくて寝苦しい&疲れが取れない。
 薄手の靴下を持っていく。手袋も同じく、緩めのものを。

・シュラフカバーのわかりやすい所に、前後がわかる様に名前を。
 ジッパーのない筒状のカバーなので、暗いと前後がわかりにくいため。

・ナイフは薄手のものを購入。
 今までは山ほど機能の付いていた重いコレでしたが↓

120218_8                    大は小を兼ね過ぎた多機能。重い以外の何ものでもない。

これでは重過ぎて首から下げられない。雪山のテント泊では雪崩などを考慮したら
いつでもテントを裂いて呼吸・脱出が出来るように、寝る時もナイフは首から下げておかなければ。

と言うことで買いました↓

120218_9                            今度は最少機能のもの。極端なワタシ。

ついでに細引きも買って、ちょいとここで細工を。

ナイフ、ホイッスルそれぞれを糸で留めて固定します。
こうするとナイフは重みで真下に来た時、ホイッスルは胸元の高さに来ます。
だから、いざ笛を鳴らさなければいけない緊急時(私にとっては熊が一番想像しやすい)、
すぐに吹けるというもの。
逆にナイフは手元に近い方がいい。なので真下がベスト。

120218_10                            使いやすさ200%。もおすけオリジナル。                   

そして細引きの長さは、たすき掛け(斜め掛け)出来る長さがいいです。

滑落などした際に、細引きで首を絞めてしまうこともあるので、片腕を通しておいた方が
安全です。

う~ん、我れながら素晴らしい。
素敵にナイスなアイディアだ。

皆様も宜しければ、是非真似てみてください。

.

■他にも、山で使えるもおすけ的裏ワザ(小ネタ)を。

.

・サングラスケース(袋)を半分に折り返して、二重にしたガスバーナーケース↓

120218_11                        サングラスに付いてるこの袋、使わないのは私だけ?


これに入れてコッヘルの中に入れれば、鍋もバーナーも傷付かず安心です。
バーナーにはプラスチックケースが付いていたのですが、嵩張って場所をとってしまう。
ガスと共にお鍋の中に入れれば、動かないのでどちらも痛みません。

.

・テント本体とフライヤーは、予めセットしておく。

私はエアライズ1を使用していますが、フライヤーの奥2箇所は予めジョイントしておいて
丸めてたたんで収納。
こうすると激寒の時や、強風の時でも設営がしやすいです。
これは今回の山行で思いつきました。

これと似ていますが、

・テント内に予め細引きを張っておく。洗濯ばさみもつけておく。

細引きは二本をねじって交差して張っています。テント内物干し竿。
ねじった部分にタオルなどは挟んでぶら下げられるし、洗濯ばさみはヘッドライトやゴーグル等
重いものをぶら下げるのにGoodです。

この洗濯ばさみ。

お菓子や、食べかけのパンを閉じるのにも便利。
何にでも使えて非常に便利なので、私はザックの天蓋内にも常に一つ付けています。

・お菓子はジップロックに入れない。

私はジップロックつきのお菓子は、そのまま持っていってました。

が!

これが冬山ではとても使い物にならなかった。

これは意外に思う方も多いでしょう。

でも、

『冬山では、いかなる時も手袋を外さずに作業できるように。』

岳人ではこう書かれていたけれど、実はこれが一番難しかったです。
特に山行用の分厚い手袋。

高所では、手袋を外す事が危険です。
でも、お菓子のジップロック。
これ自体が寒さで硬くなっていて、手袋をしていると余計に開かないのだ。

.

ヴーーーーーン (←かなり怒りの、ヴーーーン)。

.

どんなに頑張っても、ちっとも開かない。

しまいには、ジップロックの下を切り裂いて飴ちゃんを舐めました。

些細な事で、時間がかかってしまう。
これで寒さも増すし、疲労も増える。

こういう時間を短縮する為にも、おやつ(行動食)は全てひとまとめにして
つまみのあるジップロックに入れる。
これで解決されると思います。

あと個人的には、

・登山届けを予め予定山行以外の連絡先など記入しておく。
・割り箸ペグは事前に作っておく(これは当たり前ですね。現地で作ると自分が凍ります)

など。
今回、経験したことのない寒さでいろんな事が学べました。

.

で、厳冬期の八ヶ岳山行。
二日目の報告は次回のお楽しみで。

もおすけでした。

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 今、思い返しても寒い寒い。あんなに全てが凍る世界はこりごりだ!?
にほんブ ログ村

« 【もおすけ日記】厳冬期・ソロ八ヶ岳テン泊山行・1 | トップページ | 【もおすけ日記】厳冬期・ソロ八ヶ岳テン泊山行・3 »

山道具」カテゴリの記事

コメント

■さんぱちさんへ

お!白馬にボードですかー。ワタシも今月、行く予定です。
お店にはお時間のある時にお立ち寄り下さいませ♪
今月は決算セールで、掘り出し物があるかも!?

おはようございます
先日、白馬へボードに行った帰り道カモシカスポーツ前通りました
きれいでオシャレな外観ですよね 次回は立ち寄らせてもらいやす

厳冬期ヤツ、頑張りましたね!
もおすけ的裏ワザいいです!!

この記事へのコメントは終了しました。

« 【もおすけ日記】厳冬期・ソロ八ヶ岳テン泊山行・1 | トップページ | 【もおすけ日記】厳冬期・ソロ八ヶ岳テン泊山行・3 »

フォト
無料ブログはココログ