移住ライフ

2012年12月 5日 (水)

【もおすけ日記】あったかくて幸せ。

かゆいかゆいを通り越したら幸せに。
の、もおすけです。皆様こんばんにゃ。

何を隠そう、3週間ほど前から蕁麻疹が大発症。
夜になると体中の肌という肌が、立体地図のように腫れ上がる。
そして猛烈に痒い。
薬を飲まなければ、一晩中寝れないほど。

でも、出来るだけ薬に頼りたくなくて頑張っていたら。

シアワセなことがたて続きに起きたので、山行報告はお休みして
ちょっとここでご報告。

-----

当たり前ですが、信州の冬は寒い。
初めて冬を越した去年は、神戸で使っていたディロンギのガラスパネルヒーターでは追いつかず、
私は大丈夫でも、寒くてとても友人を呼べる部屋ではなかった。

.

これはストーブを買わねば。

でも、可愛くもなんともない灯油ストーブじゃあ 置く気にならないしなー。
一番の候補はアラジンのストーブだけど、これも持ってる人多いし、何より隙間に埃が溜まったり
灯油がこぼれたら拭きにくいしなー。

       1212_0                           買うなら断然ブルーフレーム。

.

アンティークな雰囲気だけど、デザインがごちゃごちゃし過ぎてちょっと好みのラインから外れるなぁ。

ならトヨトミのこれかな。

炎もレインボーで、外観もシンプルで可愛いし。




1212_00


719rqvzyjkl__aa1500__2
                 小さいながらも賢く愛い(うい)やつよ。

.

と、PCで検索して、ほぼこのストーブに決まりかけていたら・・・。

.

たまたま見つけたアンティークストーブ。

.

な、なんだ!?この可愛さは。

暖かい色の炎が大きなガラスほやの中で揺らめいて、それだけで気持ちも暖かさを増しそうだ。
まず、ガラス部分がとても大きい。

そしてストーブの灯りだけで、約30Wもの明るさがあるのだ。

何よりガラスがプレーンな円柱でなく、凹凸の模様があるのが美しい。
火を入れたら、部屋の壁にその影が映ってきっと綺麗に違いない。

もう一目惚れ。
一瞬にして、このコに心が決まった。

-----

そして、待望のストーブが届く。
人生で初の灯油とやらを購入し、火をつける。

綺麗。

あったかい。

そして信州に来て、この部屋の窓からの綺麗な景色と 眠らせていた骨董に登場して頂き、
この新しいお仲間・ストーブが加わって、更にこの家が大好きになった。

一番嬉しかった事は、見た目にも暖かいと言う事。
山をやるようになってから確信しましたが、『暖かさは幸せ』だ。

温かみのあるオレンジの火が、なんとも癒される。
このストーブの傍に座椅子を置き、ブランケットに包まりながら熱いカフェ・オ・レを飲むと。

1212__2                                      最高に幸せな夜(毎日)。


.

すーーーーっごくしあわせ。

大好きな音楽を聴きながら、このストーブの灯りを眺めているだけで癒される。

それはテントの中のキャンドルランタンの灯りに、暖かさと癒しをもたらされる感覚と似ている気がする。

   
大好きなこの地に引っ越してきたら、やはり土地の気と合うのだろうか。
楽しい事ばっかりで、どんどんシアワセになっていく。

そんな風に思いながら、毎日そそくさと家に帰ってはまったりしているもおすけなのでした。

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ← 幸せなお蔭か今日はまだ蕁麻疹が出てないぞ。応援ポチコもよろしくね。
にほんブログ村

2012年4月18日 (水)

【もおすけ日記】手作りであれを作る・2

遊んでばかり。
つまりブログ更新ならず、のもおすけです。
皆様こんばんにゃ。

この更新してない期間、何して遊んでいたかは次回の報告として
まずは先日の手作り山アイテムのご報告です。

-----

キクちゃんと美味しいランチを食べた後。
うちで、あれを作ってみようとキッチンに二人で立つ。

“あれ”とは、それは蜜蝋クリーム
蜜蝋とオイルで作る簡単な美容クリームなのですが、普通の蜜蝋クリームとはちょっと違います。

.

そう、それはなんと蜜蝋からキクちゃんちで作られたもの。

なんと去年の夏、キクちゃんは日本ミツバチの巣箱を作って、養蜂にトライ。
無事にミツバチが巣に入ってくれ、美味しい貴重な日本ミツバチの蜂蜜が採れました。
もおすけも美味しい蜂蜜をおすそ分け頂き、『キクちゃん印の美味しい蜂蜜』と呼んでいる位、花の香りがして美味しいのです。

野菜を自家栽培する人は沢山いても、ミツバチを自分ちで飼う友人はそうはいないだろう。
(ウチの犬がさー、とはよく聞いても、ウチのミツバチがさーとは殆ど聞かない)

好奇心旺盛なところが私達そっくりで 大変気が合うのだが、キクちゃんの旦那様曰く

旦:『頼むから、これ以上牛とか馬とか飼わないでくれよな。』

と、釘を刺されたらしい(実際キクちゃんはポニーを飼おうか一人検討していたそうだ)。

.

閑話休題。

.

で、ミツバチの巣である蜜蝋は、溶かして容器に入れてこちらもおすそ分け頂いたものの、
蜜蝋の使い道が浮かばなくって、『キャンドルでも作ろうかなー』と思っていたところ
浮かんだのが、この蜜蝋クリーム。

ネットで作り方を見て、早速トライです!

-----

1・湯煎状態にした鍋に蜜蝋を入れる。60~70℃がいいらしいが、なかなか溶けないので
  90℃位まで上げた(待てないサンな二人)。

120307_                        花粉の色で、綺麗な山吹色。香りも蜂蜜そのもの。


2・溶けた蜜蝋を、温めていないオイルに入れたらロウソクの蝋が如く、一気に固まってしまった。
  慌てて容器ごと湯煎にかける。
 120307_1                         真ん中の行程をはしょりたいAB型コンビ。


 つまりオイルや容器も温めておいた方がいいです。
  やっぱりレシピ通りりにやらないとダメねー、と互いの適当さに爆笑する二人(いつもこう)。

3・お、溶けてきた!

120307_2                           ここに来て、容器も温める用心深さ。


ヘラで混ぜ混ぜ。

120307_3                          ただ一心に混ぜるべし!
                              

4・やたーーっ!綺麗に溶けたぞ。この頃、部屋の中は甘い蜂蜜の香りで一杯に。
  アロマオイルを垂らしてもいいのだが、この蜂蜜の香りがいいので今回はアロマは入れず。

5・完成した蜜蝋クリーム。もおすけはオリーブオイルで。

120307_4

  キクちゃんはホホバオイルで作りました。

120307_5


肌に付けると、ぷるるんに。そして時間が経つほどに『ロウ』のワックス効果が肌をしっとりさせ、
荒れが驚くほどのスピードで治ります。

私、敏感肌だからこれで作ったら顔にも塗れるんじゃないかな。

120307_6                          火傷から肌・髪まで全部馬油オンナな私。

と馬油を出したらキクちゃん、

.

キ:『この間、猟友会の人から熊肉もらってさ、脂身があんまり白くて綺麗だったから
   中華鍋で油だけ抽出させたの。それが丁度こんな感じ。匂いも全くないのよねー。』

も:『じゃあさ、熊油で蜜蝋クリーム作ったらすごく効くんじゃない?熊って漢方でもある位だし。』

.

そうだよねー、きっと肌にもの凄くいいよねー、でもそんなの作る人も持ってる人も
早々いないよねー、等と私達二人は大興奮していたのだが、帰ってキクちゃんは
それをだんな様に話すと、旦那様は呆れていたらしい(ごく普通の人のリアクション)。

頂いた蜜蝋はまだあるから、次回は馬油で作ろうと思います。
とにかく手の荒れる乾燥した山にはもってこいな美容クリーム。
あれこれ持っていかず、ローションとこの蜜蝋クリームだけで顔から手まで使える便利もの。
早速もおすけのお山道具の必須アイテムとなりました。

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 松本に移住してから、ホント何から何まで作るようになった。楽しい!
にほんブログ村

2012年4月10日 (火)

【もおすけ日記】手作りでアレを作る・1

えー。

業務連絡、業務連絡。

.

さぶちゃんさぶちゃん、至急もおすけと遊ぶように。

緊急命令です。

さぶちゃんさぶちゃん、至急松本に集合です。

.

の、もおすけです、皆様こんばんにゃ。

.

だってね、皆様。
さぶちゃんたらひどいんですよ。
先日も電話で、

.

プルルル、プルルル。

カチッ。

.

.

:『なんですかっ? (←開口一番)

.

:『暇ですっ!遊んでくださいッ!』

.

さ:『・・・あのねぇ、オレだって忙しいわけよ。休みは滑りに行かなきゃ行けないし、
   春ものの買い物だってしたいし。』

も:『そんなの、うちの店ですればいいじゃん。』

さ:『松本と秦野って、どれだけ遠いと思ってるんだよ。』

も:『いいじゃん。滑る時は群馬まで日帰りで行くんだったら、山登って帰りに買い物すれば。』

さ:『東京の店とかで色々見たいんだよ。』

も:『どーせ適当に決めるんでしょ?(←こだわりの全くないO型人間)』

さ:『・・・色々吟味して、最終的に適当に選ぶんだよっ!』

も:『(全く聞いてない)。アタシ明日休みなんだよー。もう一人遊びは飽きたよー遊んでよー。』

さ:『オレ、あさって休み。』

も:『じゃあ、明日にしなよ。』

さ:『そんなの無理だって。それにあさっても滑りに行くし。』

.

そんなに滑ってばかりいたら、人生も滑り落ちるぞ。

結局、翌日の休みは遊んでもらえず(当たり前だと言う声は、もおすけの耳には届かない)
いいよ、もうさぶちゃんなんか知らない嫌いだプンスカ、と電話を切ったワタクシであります。

嗚呼、誰かもおすけと松本で遊んでください。

考えてみたら、こっち来てすぐ働いて、職場の人以外、ここ松本には友人が殆どいない。
休日は県外の山友達、もしくはおやびんや、一人で山に行ってばっかりだし。
もうそろそろ、こっちでも友達作らなきゃいけないなぁ、と実感するこの頃です。

-----

そんな数少ない松本の友人・キクちゃん。

彼女とはこっちに引っ越してきたばかりの時、一緒に燕岳に行きました。
少し前の休日、そんな彼女を誘って二人でランチに。
気が付けば、引っ越してから松本の街でランチというのもこれが初めてです。
(その位、休日って山以外行ってないのよねぇ。しみじみ。)

ずっと行きたいと思っていたイタリアンレストラン。
大好きなアンティパストミストがボリューミーでお味も◎。

120307_7                     冒頭の腹立たしい文章と対極にあるシアワセな光景



パスタも美味しく、デザートもしっかり頂きました。

120307_8                       デザートの味と量に感激♪


で、何かと気の合う、食いしん坊&好奇心旺盛なAB型コンビ。
ランチの後は、またまた二人で手作り教室。

何を作ったかって?

それはまた次回。

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 目指せマメなあたし。話変わるけどさぶちゃん遊んで(まだ言ってる)。
にほんブログ村

2012年1月15日 (日)

【もおすけ日記】信州移住生活・扉へ行く。

冬の赤岳ソロ登山を終えた私。

さぶちゃんとリンちゃんにチャットメールを送信。

.

も:『一人で頑張ってきたよ!でも、やっぱり私はソロより誰かと一緒の方がいいなぁ。』

するとさぶちゃんから返事が。

.

さ:『ソロのロマンがわからないかぁ。』

も:『ロマンより寂しさとか心細さの方が多いよ。』

.

と、返信したらリンちゃんから一言。

.

リ:『ソロそれはロマン。』

.

ソロのロマンがわからなくて結構。
もおすけです、皆様こんばんにゃ。

季節を問わず、やっぱり私は誰かと一緒の方が楽しいな。
綺麗だねー、楽しいねー美味しいねー、って言い合える人がいる方がずっといい。
特に冬山は、有事の時にソロだと本当に危険だし。

そんなわけで、皆様今年もお山の上で会いましょうね。

-----

2012年 1月12日 快晴

休日はとことん遊ぶ。とことん楽しむ、ってことでこの日もお出掛け。
天気がよかったので、本当ならお山に行きたい所だけど ちょっと年末からの遊び過ぎで
体がだるい。

というか、パワースポットである善光寺さん&諏訪大社さんに行った効果の“毒出し”の様な気もする。
とにかく疲れと言うよりも、体が重いのだ。

そんなわけで、一番の浄化方法であるアレに行くことにしました。

.

いやぁ、雲ひとつない晴天。
車を走らせているだけで、気分は上々。

1201012_1                                                                  後立山連峰まで はっきり見えます。

次第にこんな景色の中へ。

1201012_2                               登山でないのに確実に標高を上げております。 

で、目的地に到着。

.

アレとは、これです↓

 
1201012_3                     ハァ~、寒い日は温泉に限るね。

そう。

ここは知る人ぞ知る“扉温泉”。
扉の名の由来は、天の岩戸を開いた天手力雄命が戸(扉)を戸隠神社に運ぶ途中、
ここで休んだという神話に由来するそうです。
う~ん、無意識に選んだのに なんだか神々しい温泉だなぁ。

1201012_4                            湯気が霧氷となって綺麗でした。

ここはぬるめの温泉なので、のぼせずに長湯できます。
露天風呂でのーんびり。
胃腸に良いという温泉水も飲んで来ました。

お蔭で体も軽くなったし、気分もすっかりリフレッシュ!
これで毎日、元気でブログ更新できそうです。

明日はいよいよ西穂の報告です。
お楽しみに~♪

-----

先日の天狗岳テン泊山行にて。

111204_26                         木の枝をマドラー代わりにするさぶちゃん。

リ:『それもロマン?』と、リンちゃんにボソッと突っ込まれておりました。

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 扉温泉の明神館。泊まってみたいです(ウチから近いけど)。
にほんブログ村

2012年1月 8日 (日)

【もおすけ日記】サクッと近況報告

いやもう忙しい。
遊ぶことに忙しすぎて、ブログ更新が出来ない状態のもおすけです。
皆様おぱよう。

サクッと報告。

31~1日 西穂山荘へ

2日  “雪降りそぼる初詣”っていう、いかにも信州を堪能したくて善光寺へ初詣。

Dsc07754                  七味と寒天ぱぱ買って帰ってきました。

3日   デザイナーのC先生と諏訪大社三社巡り。

4日   初出勤。お蔭様で福袋が沢山売れました~♪

5日   折角の休日。“楽な遊びを”ってことで、五竜へ初スキー。
     雪の中、自分で運転してゲレンデまで行くアタシ。エライぞすごいぞ!
     昔、『あー、地元の人は気軽にスキーに来れちゃっていいなぁ。』と、
     凄く羨ましかったのだが、気がついたらそうなっている自分に、少し驚いた。

6日   出勤する時間に、ウスイちゃんからメール。
     『今日、夜練ありますから。』
     
     ハイ、仕事帰りにスキーのナイター。
     激寒でした。でも楽しかった。

7日   今日は仕事後、新年会。食べます飲みます。

そんな感じで大忙し。
遊びすぎて息切れしております。ゼイゼイ。
どんだけ遊ぶんだ、と自分でも思いますが、『晴れた休日は家にいない!』が今年の信条として
目いっぱい遊ぼうと思っているので、ブログが・・・・。

今日出来たら山行報告します。

ではお仕事いってきます!

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ←  忙しすぎると、部の中が荒れます。応援ポチコをよろしくね。
にほんブログ村

2011年12月10日 (土)

【もおすけ日記】自家製のアレ作りに挑戦!

朝、窓からの景色を見て母に電話。

.

も:『あ、お母さん?もおすけ。あのね、もぐもぐ今日すごいんだよ。』

母:『何?雪でも降ったの?』

も:『そう!すごいんだよ、一面の雪景色だよもぐもぐ。』

母:『へぇ。すごいなぁ。今日はこっちも寒いからね。運転気をつけなさいよ。』

も:『うん。あ、ご飯食べながらでごめんねもぐもぐ。』

.

12月で、雪景色が見られるなんて、さすがは雪国だーー。
うれしいぞーー、かなり嬉しいぞーーーー。

雪が降ったり、霜柱が立ったり、水が凍ったり。
寒いのは大嫌いなんですが、そんな冬らしい光景は大好きです。

初めての雪国で迎える生活。
わくわくのもおすけ。

こんな事にもチャレンジしてみました。

-----

2011年 12月4日

職場のチエさんお薦めのレシピを教えていただいたので、この日は朝から買出しに。
目指すはファーマーズガーデン。
この日、スタッドレスタイヤと共に買ってきたのは、信州らしいコレ↓

111207_4                             ダンボールからあふれ出る青菜。

.

そう、信州名産『野沢菜』です!
野沢菜漬けって、買うものだとばかり思っていましたが『絶対、失敗がないから。』と言うレシピを教わり
ここは一つ信州人らしく自家製の野沢菜漬けを作ろうじゃないか、というワケです。

横から見ると、この葉の凄さがわかるかな?

111207_5                               さながらプチジャングル。

ついでに、こんなものも買ってしまいました。

111207_6                    信州と言えばりんごよね。一人暮らしなのに何故か15個。

どうも私は、買い物となると気が大きくなる傾向がある(これも母譲り)。

まあいい(もう買っちゃったし)。

-----

まずは、野沢菜を洗います。
こちらは、なんと10kg
ケイちゃんや、チエさんの倍の量です。

帰宅途中、『ちょっと調子に乗りすぎた?』と後部座席でワッサワッサ言ってる野沢菜を聞きながら
若干 反省の余地があるのか、いやいや漬けたらカサが減るからこれで正解か?などと少々不安になりながら帰ってきました。

で、流しに置いてみて笑いました。

皆さん。

野沢菜って小松菜のちょっと大きいの、位に思っていませんか?
いえいえ、こんなに大きいんです。

 111207_8                 私が漬物の王者よとばかりに流し台から溢れ出る野沢菜。でかーーー。

そう。
そして紐を解いたら、10kg分の野沢菜は半端じゃない量だった。
これを一枚一枚、丁寧に泥を落としながら洗っていく。

ああ大変。

そして軸を落とし、野沢菜の準備は完成。

111207_9                  もっさりと。水切りに収まり切らない菜っ葉(足元には、この10倍)。

.

お次は、漬け液作りに取り掛かりましょう。

まず、からし粉100gをお水で溶く。

そして気付く。
こんな量、溶いたことない。
ましてや私、カラシ苦手なのにさ。

次にお酢を入れる。

111207_10                       この時点で既に鼻がツンツンして涙。

そして砂糖を投入。

111207_11                ビジュアル的に上と変わり映えしませんが、これはキビ砂糖です。

そして、お醤油。なんと一升瓶丸ごと一本!

111207_12                    ドドドドドー。人生で一度にこんなにお醤油入れたことない。

そしてこれは、もおすけアレンジですが。

刻み昆布も少し。
これで美味しくなってるといいなーーー。

で、これらをゴムベラで混ぜ混ぜして、袋に入れた野沢菜の上からザーッとかけます。

.

いやもう、自分でも豪快だと思います。
10キロも漬ければ、軽く漬物屋さん気分が味わえます。

空気を抜いて、固く封をしてダンボールに入れて。
普通のお家ならプラスチックの漬物樽に入れるのですが、
『来年も漬けるかわかんないし、保管場所に困るし。』ってことでダンボール。
経済的です。

111207_13                       ワッサワッサ洗ってドバドバ入れた割には綺麗な仕上がり。

.

これで10日もすれば、浅漬けの完成です。
野沢菜は徐々に漬かっていき、3月頃までもつそうです。
そして浸かり過ぎて、ちょっと酸っぱくなったり辛くなったものは
おやきの具にしたり、チャーハンの具にしてもよいとか。

う~ん、夢が広がるなぁ。

漬け終わってから、嬉々として母に報告。

.

も:『うまく出来たら送るからねー。楽しみにしててねー。』

と言ったら、あっさりと一言、

母:『あんた、最初からそんなに作って失敗したらどうするの。』

.

・・・・・。

うーん、失敗するなんて考えてもみなかった。

そう言われて、まずかったらどうしよう、と一瞬考えてはみたものの、
最初に失敗するイメージなんて沸きもしなかったから
きっと美味しく浸かるのだろう(かなり強気)。

そしてうまくいったら姉と妹にも送る約束をしているので、きっとあっという間になくなるだろう。

も:『あともう5kg、漬けとこうかな。』

と一瞬頭をよぎったが、これはちょっと怖いのでまずはお試し(既にお試しの量じゃないけど)。

今から漬け上がりが楽しみなもおすけです。

-----

.

こちらも我が家の一番の大鍋で作りました。

111207_7                    大量のりんごジャム。これは職場の人におすそ分け。

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 何かにつけて作業が大掛かりだったもおすけに応援ポチコを。
にほんブログ村

2011年11月21日 (月)

【もおすけ日記】信州移住生活・3とアイスクライミング!

どんどんどんどん。

どんどん登っていきますよーーー、の、もおすけです。
皆様お久しぶりでございます。

更新していない間にも、登るわ実家に帰るわ、山道具の買い物はするわ。

相変わらず忙しいもおすけです。

.

で。

突然ですがワタクシ、アイスクライミングもすることにしました。

ええ。

らしいでしょ!?全くもって。

.

で、その為には『壁登る練習を 少しはしとかないと。』と言われたので、
その場でクライミングシューズを買い、翌日にクライミングジム
おさるの様に壁をよじ登るよじ登る。
他の皆さんの様に滑らかな登りじゃなくって、根性だけで登ってる感じです。

111120_2                               かなりこのコに近い感じでござる。

.

そして来月はアイスクライミングで、八ヶ岳へ。

八ヶ岳で、アイスクライミングと言えば、これ↓

111120_                     赤岳鉱泉名物・アイスキャンディー。

ここをダブルアックスで登るのかと思いきや。

『そんなつまんねーとこ、行かないよ。』

と、悪態をつく者一人。

それが誰なのかは、次号にて説明するとして。

.
目指すはなんと、裏同心ルンゼ

練習用のアイスキャンディーもしたことのない私が、果たしていきなり登れるのか?

またしても自分に乞うご期待!

.

やーーーそれにしても。

もーーー、アタシの人生、最高に楽しいッ!
毎日が楽し過ぎて、毎日が小さい頃の遠足気分。
(もしくは恋愛初期のウキウキ感)。
その位、毎日ドキドキワクワク♪なのでございます。

登っても登っても、まだまだ登る山がある。
まだまだした事のない登り方がある。
それだけで最高に楽しいもおすけなのでございます。

そんな楽しい信州移住生活・その3、自作の食器棚&ルームライトの報告です。

------

.

木箱を磨いて、ハンズでボールライトを買ってきて。
ウキウキでライトを点灯し、母に見せる。

.

も:『・・・どう?いいでしょー。』

母:『・・・・・。』

一瞬の間があってから、母、

母:『・・・なんか、墓石みたいやな。』

.

そう、実は私もライトを上に置いた瞬間、思ったのだ。

私が思ったことを母は素直に口にしてくれた。

ちょうど箱の大きさ・高さといい、“朱具”の家と言う文字で“○○墓”みたいな雰囲気も倍増しちゃってるし。

う~~~~ん。

やっぱり、ボールライトは足座をつけて高さを出さないと、墓石っぽくなっちゃうか。

そう母に言っても“どうやろうねぇ。”と、賛同は得られなかったがここはもう作るしかない。
面倒だから避けたかったが、やはり作らねばなるまいか。

そんなわけで、角材を買いこみ、のこぎりで切ってやすってニス塗って。
やっとの思いで完成した漆器棚&ルームライトなのでございます。

-----

あまり使っていなかったまな板は、ライトの台座に変身。
そして足座も完成しました。

111115_3                        これでネギを切っていたとは思えない素晴らしい台座だ。

.

ワタシ的には一等地のここに、甥っ子リクちゃんが買ってくれた沖縄のシーサーを飾ります。

このシーサーさん、可愛くってかなりお気に入りなのであります。

.

『阿(あ)! もおすけ、またおやつ食べてる!』のシーサーさんに

111115_5                             狛犬同様の『阿』と    

『吽(うん)。 この人、ただの食いしん坊だからな。』のシーサーさん。

111115_4_2                                『吽』です。

阿吽の呼吸でもおすけを見守ってくれています。

そして中には大好きな漆器と美濃焼の食器が。
漆膳も、棚代わりに活用して一石二鳥。

111115_

そして箱の外には『満ちた月』をイメージしてニスを塗り。
同じく傍に残りの漆膳を置いて、骨董のランプを飾って完成です。

111115_2m

納戸に置きっ放しにしていた漆膳。
主人の移住に伴って、ようやく日の目を見ることが出来ました。

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← さあ!冬だ山だ、アイスクライミングだーーーーー!
にほんブログ村

2011年11月14日 (月)

【もおすけ日記】信州移住生活・2

言っちゃあ何だが、私の毎日は最高に楽しいです。
皆様こんばんにゃ、もおすけです。

.

何が楽しかったって。

昨日は、職場のケイちゃんとカッパ寿司に。
そう、回転寿司なんて20年ぶりな私。

.

ケ:『かっぱなら任せてくださいッ!私がレクチャーしますからッ!!』

.

っと、鼻息荒く興奮気味なケイちゃん。
ケイちゃんは、敢えて安い回転寿司が大好きなのだそうだ。

.

で、私にとっては20年ぶりの回転寿司は。

すんごく楽しかったです。

好みのお寿司はオーダーできるわ、新幹線で届くわ。

皆さん、新幹線なんて知ってました?もおすけはびっくり仰天しましたヮ。

ボタンを押し間違えて、皿を載せたまま新幹線がバックし始めちゃったりしましたが
(二人で大慌て)最高に楽しい夕餉となりました。

.

も:『毎月、お給料出たら“ご褒美カッパ”したいよね。』

.

と、二人で意気投合。
お味は思っていたよりも美味しかったです(回らないお寿司の方がそりゃ美味しいけれど)。

.

これはこれで美味しい。

と言うよりも、それ以上に楽しい

そして、最高に嬉しそうに楽しそうに喜んでいるケイちゃんを見ているのが
たまらなく楽しい。

なんだかんだと、山にいても街にいても楽しいもおすけです。

そんなもおすけの移住生活。
ささやかな移住報告・2です。

-----

.

実家で綺麗に洗った漆器揃の木箱。

110606_15m                     木が反らない様に、縁側でそっと乾かす優しいアタシ。

実は、左下に『明治壱拾五年製』と筆で書かれ、その上に墨で消された後があった。

つまり、漆器の五客セットと木箱はもともと違うモノの様で、木箱に書かれた製造年月日は
骨董屋さんが墨で消した様子。

黒く塗りつぶされているのはあまり綺麗ではないので、たわしで消し落とす。

111114_                     青印部分に書かれていたので、念入りに洗って落とす。

.

そして、飾り枠の取れてしまっているところも、板を買ってきてすりあわせましょう。

 111114_5                       外れている木枠に合わせて、板をカット&やする。

111114_7                   やたっ!できた完璧。でもこういう事してると女子でないみたい・・・。

.

まあそれはともかく。

.

色は違うが、見事修復作業終了。

ついでに、蓋を開ける時の扇形のこの取っ手の墨部分も洗っておこう。

111114_2                               模様なのか?何故か縦棒が。

.

ゴシゴシゴシ。

.

するとなんと!

たわしで洗い始めると、中から文字が浮かび上がってきた!!

 111114_3                          あぶり出しの様に、中から文字が。

よく見ると、おそらくこの木箱の持ち主であったろう人の名が。

111114_4                松吉おじいちゃん。もおすけは大事に使わせて頂きますからね。

.

他人の名前が入っているのはちと気が引けるので、ここもタワシでこすり洗って洗い作業は無事終了。

今度は、ランプ台の作成です。

-----

.

中途半端な大きさで、使い勝手の悪かった四万十檜のまな板。
このコも、のこぎりで半分にカット。

“ポケットの中にはビスケットがひとつ~♪”歌の様に、あっという間にビスケット(まな板)は二つに。

111114_6                  切った時点で疲れ果て放置してたら、母が洗って干してくれていた。

.

お母さんありがとう。

更に細い角材も買ってきて、糸鋸で切る。
まな板の一部を使って、ランプの台座を作る。

そう、アンティークな部屋に合うランプがなかなかなかったのと、背の高いルームランプは
地震の時に倒れるから怖いからイヤだ。

と言うわけで『漆器セット棚&ルームランプ』を作ってしまおうと言う魂胆なのだ。

これなら安定も良いし、別でルームランプの場所も取らないから一石二鳥。

うーん、もおすけあたま良くって天才♪
(とこう書いてる文章が、バカっぽいのは気のせいか?)

-----

.

そして実家のベランダに新聞紙をおっぴろげ。

すえての木材に、油性ニス&透明ニスを重ね塗り。

そして出来上がった、食器棚&ルームランプ。

公開は、次号で。

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 冬山到来にココロ躍らすもおすけに、応援ポチコを!
にほんブログ村

2011年11月11日 (金)

【もおすけ日記】信州移住生活・1

さっちゃんと道の駅のベンチでお湯を沸かし、二人でお茶&マメ大福を食べていた時。
休憩で止まったタクシーの運転手さんに、声をかけられたかと思えば、

.

お:『あんたたち、ミュージシャンかい?』って。

も:『いえ、ただのクライマーです。』
.

て答えたけどさぁ。

ミュージシャンて。

も:『なぁなぁうちら、ミュージシャンて“流しの芸人”に思われたってことやんなぁ。』

さ:『そういうことやんね。』

いろんな職種の人に言われるもおすけですが、流しの芸人(またはジプシー)に間違えられたのは初めてです。
皆様こんばんにゃ。

この先私は、更にどんな勘違いをされるのであろうか。
楽しみです。

もう何でもどんと来い、です。

-----

.

信州・松本に移住する話。

.

松本でほぼ理想に完璧に近い今の部屋を見つけて、大喜びで関西に帰る。

そして引越しの準備。

必要な品の買い出し。

ここで一番頭を悩ませたのが、インテリア。

部屋を飾るインテリアは、どこかのインテリアショップに行けばそれとなくまとまる。
いまやニトリでもイケアにでも行けば、安くてお洒落なインテリアものが一杯だ。
でもそれだと、それらしい部屋であっても“アタシらしい”とはちょっと違う。

かと言って、全てをオリジナルでオーダーするわけにもいかない(そんな資金&趣味はない)。

そこでもおすけ、考えた。

昔から部屋の基調である大好きな骨董は、似ていても同じものがない所が魅力。
それに手を加えたら、もおすけっぽい部屋になるんじゃないか?

特に、どれだけ探しても満足な品が見つからなかった“間接照明”。
いっそのこと、リメイク&オリジナルで作ってしまえ!

ってことで、以前、骨董市で買った“漆朱器五客揃”。
この箱がどう変わっていくか。

とりあえず、桐の外箱を洗ってみました。

110606_15                          現在、実家の縁側にて乾かしチュウ。

.

ただでさえ忙しい移住の引越しなのに、更に自分で忙しさを増やし
自分で首を絞めるもおすけではございますが、手間をかけることのない皆様は
乞う御期待なのであります。

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← さあ、またマメに更新せねば(ああプレッシャー)。
にほんブログ村

2011年8月29日 (月)

【もおすけ日記】移住ライフのささやかな夢・2

皆様の反応に、あれ?そんなに驚く?と本人が一番驚いているもおすけです。
皆様お暑うございます。

も:『松本に移住すんね~ん♪』と報告する度に、もの凄い驚かれよう。
でもイヤもうそれより何より、関西は暑っついんですわ

ひと夏 白馬で過ごしただけで、もおすけはすっかり関西の蒸し暑さに耐えられない体となってしまいました。

湿度92%って。

もうそこまできたら、水の中にドブンと浸かった方がなんぼか幸せです。
そう思えるくらい逃げ場のない蒸し暑さが、ここ関西にはあります。

-----

.

で、何で移住までするの?と言う友人達の問いかけに、改めて考えてみた。

.

住みやすい気候     松本>神戸  まだ冬は経験してないが夏の暑さだけでも軍配は松本に。

山へのアクセス      松本>神戸  言わずもがな。北アルプスが目の前だなんて。

交通の楽ちんさ      松本>神戸  車だけで考えると関西都市部より渋滞は少ない。

物価の安さ        松本>神戸  果物&きのこ王国。でも瀬戸内のお魚が食べられないは残念。

ラジオの楽しさ      神戸>松本  “ありがとう浜村淳”が聞けないのは すごく残念。

パン&ケーキ屋さん   神戸>松本  パン屋さんは神戸は日本一密集してると思います。

空気&水の綺麗さ    松本>神戸  北海道には敵いませんが。それでも綺麗です。

景観のよさ        松本>神戸  北アルプスが一望って山屋にとっては最高の贅沢ですよね。

.

と、ちょっと考えただけでも、圧倒的に長野に軍配が上がる。
でもやっぱり一番は、『北アルプスが近い。』こと。

行くまでに一晩、時間もかかってお金もかかって『○○岳に行くぞーー!』って感じだったのが、

も:『あ。明日の休み、晴れそうね。じゃあ行こうかな。』

って、仕事終えてから車に乗り込んで、2時間で登山口に着いて
もおすけ号(私の中ではキャンピングカー)で十分熟睡出来て、朝一番から登り始められる。

しかも日帰りも容易いし、二日あれば縦走も十分にできる。
これ以上の幸せがあろうか。

.

イヤない。

そんなわけで、早くも松本に移住したいもおすけのささやかな夢・パート2です。

-----

実はこの関西の蒸し暑さにやられて、ワタクシ『山に登りたい』気持ちさえ失せかけていました。
そんなだるいこと、する気にもなれない(テン泊装備を担いでいた人とは思えない発言)。

.

でも。

怪我をして一ヶ月経って、先日登山用品店に行ってディスプレイしてるテントを見たら。

も:『あーー。早くこの中に入って、コーヒーとか飲みたーい!』

と、思ってしまった。

そう。
登り降りより、ピークを踏むことより、テン泊がしたい。

あの冷たい空気の中、心も体もあったまる料理を作って はふはふと頬張る。
満腹になった後は、お湯を沸かしてカフェ・オ・レを淹れる。
最高の景色を眺めながら、ホッとするひと時。
これがたまらないのだ。

加えて、山渓の山ごはん特集なんて読んでいたら、更に行きたくなった。

もおすけのささやかな夢。

自分でベーコンとかスモークチーズとか、燻製を自宅で作ってそれを山に持って行きたい。
それから安い果物を使って、手作りのジャムも作りたいな。
手作りの桃のジャムなんて、長野じゃなきゃ出来ない贅沢品。
ブルーベリーもイチゴもりんごも、ジャム放題いや作り放題だ。

寒いから、乾燥野菜も出来そうだよね。
信州味噌の本場だから、味噌玉を作ってこれからの季節、美味しい豚汁なんてのもいいねー。
きのこ狩りなんて出来るようになれたらいいなぁ。

北アルプスが近くなった分、乾物だけでなく贅沢食材(生鮮野菜や調理品)を持っていって
お山の上でご馳走が食べられる。

美味しいケーキだって標高3000mまで担いで、山頂で極上の珈琲タイム。
そんなことも、近場だからこそ。
日帰りで簡単に出来ちゃうのだ。

気軽に日帰り北アルプス。
帰りには、美味しいお水を汲んで帰って。

美味しいものありき、のもおすけの山登りですから
今から夢が膨らむばかりでございます(暇だしね)。

----

.

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ ← 暇だから焼き米に続く乾燥食材に挑戦予定。応援ポチコもよろしくね。

にほんブログ村

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

フォト
無料ブログはココログ